menu p2

HOMEメニュー>歯周病のこと

歯周病とは

歯周病ってどんな病気?

 35歳~44歳の人ではおよそ81%、45歳から54歳では85%の人が歯周病にかかっています。つまり、ほとんどの人が程度の差はあっても歯周病にかかっているといっても過言ではありません。歯周病は、歯を失う大きな原因のひとつです!特に40歳あたりからは、歯周病の比率が高くなっています。

歯周病の原因

 歯の周りには歯を支える組織(歯肉・歯根膜・セメント質・歯槽骨)があります。歯周病は、これらの組織が細菌に感染して起こります。また歯の周りだけでなく全身的な要因・病気の原因となります。例えば糖尿病の患者には、かなり重度の歯周病患者が多いのです。糖尿病が悪化すると、歯周病も悪化するという関係が見られます。

歯周病の進行と症状

1. 歯肉炎  
        歯の付け根のあたりにプラークがたまり、歯の周囲や歯と歯の間の歯肉に炎症が起こります。ブラッシクングしたときや、硬いものを食べると、出血することはあります。このくらいではまだ、痛みもあまりありません。


2. 歯周炎  
        プラークが歯石になり、歯石は大きくなって、歯根膜が溶け歯肉溝はだんだん深くなり、歯肉の弾力性がなくなって、歯周ポケットと呼ばれる空間が出来ます。炎症も進み、歯槽骨の破壊も始まります。


3. 重度歯周炎  
        重度歯周炎症状が進むと歯周ポケットがさらに深くなり、歯槽骨がほとんど破壊され、歯がぐらつき歯の根も見えてきます。出血や口臭も強くなり常時膿が出るようになります。その状態を一般に歯槽膿漏といいます。

歯周病の検査

 歯周ポケットを目盛りのついた器具で測定します。その数値が大きければ、歯周病が進行している証拠です。

歯周病の治療

歯周病治療の流れ

 当院では、最初に口腔内写真を撮ります。そのあと、歯周病の検査・ブラッシング指導・スケーリングとなります。歯周病が進んでいる方には、担当の衛生士が付き、SRPの必要性などを判断し、患者さまと相談していきます。

様々な治療方法

SRP
スケーリング・ルート・プレーニングの略で、歯肉縁下の歯石を取り除き、根面に再度歯石を付着さ せないようにする方法です。
3DS
3DSとはデンタル・ドラック・デリバリーシステムの略で、口の中の善玉菌を殺さずに、歯周病の細菌数を減らし、かつ再び菌が歯面に付着するのを防ぐ方法です。

歯周病の進行と症状

1. 早期発見・早期治療に必要なリコール
        治療をした後、3ヶ月か半年などの一定期間が経ってから、再び診察することをリコールといいます。リコールは、症状が改善されているのか、また新たな病気にかかっていないかを確認するためにぜひ必要です。長期的に見ると、リコールを行っている人と行っていない人とでは、歯を失う率に大きな差が出てきます。


2. かかりつけの歯科医・歯科衛生士を持ちましょう!
        自分の歯の状態を把握してくれている歯科医・歯科衛生士は、心強い味方です!自覚症状のあるときには何でも相談できる歯科医、また、定期的にチェックを受けられる歯科医・歯科衛生士を持ちましょう!ただ、注意しなければならないのは、いったん治療を始めたら、症状が改善したからといって、途中で中断しないことです。

歯周病と全身疾患

歯周病とタバコ

 喫煙者が歯周病で歯が抜けてしまう危険性は普通の人の3倍!タバコに含まれるニコチンが、歯肉の毛細血管を縮めてしまいます。それによって血行不良となり、酸素や栄養素が減少し、細菌と戦う血液中の白血球が50%も減少します。さらに、ニコチンは、歯と歯肉に、まるで接着剤のようにプラークを付着させ、歯周病菌が増えやすい環境を作ってしまうのです。


 今、世間での悪者といったら“たばこ”でしょうか?私はたばこを吸わないのでわからないのですが、よいものなのでしょうねぇ。その、たばこ好き重症歯周病患者さんが4名ほどおります。年齢は皆40代。40代にして歯を数本失う羽目になりました。なぜでしょうか?それは、痛みなどの自覚症状がないからです。痛みさえあれば、もっと早い機会に来院し診察、手が打てたかもしれないのに。


 歯周病はただでさえ自覚症状が少なく、静かに深く潜行する疾患です。歯肉の腫れや出血などが初期症状として現れますが、たばこのニコチンの作用、毛細血管収縮のため、出現するはずの症状が隠されてしまい、ご本人も気付かないまま症状が悪化するのです。私はたばこは吸わないのですがお酒が大好きで、毎晩飲んでいます。内科の先生からは量を制限するよう御指導頂いているのですが、なかなか守ることができません。弱い人間なのです。


 ですから、私は患者さんに「たばこをやめろ」とは言いません。言える立場にないからです。ただ、たばこを楽しみ、しかも入れ歯になるのはいやだ、自分の歯で食べたいというのであれば、スペシャルケアが必要です。たばこを吸わない方と同じ手入れの方法では不足するからです。たばこを吸う方。たばこを楽しみたい方。私たちにご相談ください。あなたに適した歯周病予防方法をご提案させていただきます。


糖尿病と歯周病

 今から十数年前、強い歯の痛みを訴えて来院された30代の患者さんがいます。上顎左側大臼歯が昨日から強く痛む、というのがお訴えでした。口の中を拝見しますとむし歯はなく、レントゲン検査からは初期の歯周病が疑われました。上顎洞炎も疑い、抗菌剤の投与をして経過観察しました。通常、歯周病の急性発作であれば、投薬後1ないし2日で症状に変化が生じ、痛みは少なくなってきます。しかし、一向に強い痛みは治まりません。


 ふと思いついたのが糖尿病でした。早速患者さんに内科受診を勧めました。ご本人は内科的には自覚症状がないため不審がっていましたが、しぶしぶながら受診してくださいました。なんと、かなり重症の症状が進行した糖尿病であることが判明。即入院加療になってしまいました。糖尿病があると、歯周病にかかりやすく、また重症化することが知られています。口の中の歯周病菌の繁殖が進むからです。


 また、近年の研究で、歯肉の慢性炎症から生じる物質が引き金になり、糖尿病が発症することがわかってきました。糖尿病と歯周病には、密接な関係があるのです。ともに自覚症状が少ない糖尿病と歯周病。定期健診という「転ばぬ先の杖」で、上手にコントロールすることができます。ぜひ、私たちにご相談ください。適切な予防方法をご提案させていただきます。

しのざき歯科医院
しのざき歯科医院
診療
時間
平日9:00から19:00
土曜9:00から17:00
休診日
日祝祭日
診療
科目
歯科、小児歯科、
口腔外科
院長
篠崎広治(歯学博士)
専門
口腔外科
群馬県太田市東別所町135⁻1
TEL0276-48-0118 

お問い合わせはこちら
院長ブログ
デンターネット